誰かのためブログ

雑記ブログです。自分が気になっている事を書いとります。

思い切ってやめてみた事

お題「思い切ってやめてみた事」

      ※アフィリエイト広告を利用しています  

 

 

やめました。もう10年以上毎日のようにしていた晩酌。仕事から家に帰ってきてからの楽しみでした。ですが、飲み過ぎました。職場で受けた健康診断で肝臓の数値が悪いみたいで再検査の案内がきてました。総ビリルビンという数値が正常値をオーバーしていました。ネットで調べてみると肝硬変、肝炎、肝がんの可能性があるみたいでビビりました。おそらく原因はお酒で、肝硬変なのかと…。すぐお酒やめました。仕事の都合上、1週間後に再検査を受けることにしました。その1週間生きた心地がしませんでした。気分を紛らわらすために、ジョギングや筋トレを始めました。再検査当日、病院で受け付けを済ませ、呼ばれるのを待っていました。待てど暮らせど呼ばれません。二時間ほど待っているけど…。そんなに患者さんが多そうには見えないし、なぜだろうと思いました。もしかして、重病だから診察まで時間がかかるのかと…いろんな不安が頭をよぎります。

「〇〇番の方〜。」やっと呼ばれました。看護師さんから最初に血液検査をしますと言われました。血液を抜かれてから結果が出るまで30分ほど待ちました。その間も死にそうなくらい心配でしたが、平然を装って待合室で待っていました(笑)

「〇〇番の方〜。」診察に呼ばれました。先生からの一言目が血液検査の結果、異常ありませんと…。ホッとしました。どうやらお酒を辞めたのが良かったみたいで、総ビリルビンの数値が正常の範囲に下がってくれてました。先生から一週間前に来た患者さんは、総ビリルビンの数値が上がり肝硬変だったらしく、手遅れだったと…。お酒って適度なら良いと思うけど、飲み過ぎると怖いと感じました。先生から、お酒は機会飲酒にしなさいと言われました。それから飲酒は、飲み会の時だけにして、晩酌をしていた習慣をジョギングや筋トレに変えました。晩酌をしないと寝起きが良く、健康、お金使わず一石三鳥です。晩酌をやめて3ヶ月が経ちましたが、もっと前から晩酌やめておけば良かったなと思いました。

 

ホームラン王獲得

      ※アフィリエイト広告を利用しています  

 

やりました。大谷選手。長い歴史があるメジャーリーグで日本人初のホームラン王獲得。しかも二刀流で。自己記録の46本は超えれませんでしたが、本当にすご過ぎます。歴史的快挙ですよ。色々な苦労があったと思いますが、本当におめでとうございます。

以下2023年の大谷選手の記録。

打者記録     投手記録

打率.304     防御率3.14                                                                 

安打151                  10勝

本塁打44                    5敗

打点95                  奪三振167    

盗塁 20                    WHIP1.06

OPS1.066

規定打席到達   規定回数未到達  

 

超人的記録です。しかも、強打者の指標のOPS(長打率+出塁率)はメジャー全体トップ。

個人的に記憶に残った試合は7月27日のタイガースとのダブルヘッダーの試合です。1試合目を、投手として先発して完封しました。個人的には2試合目は出ないかなと思ってましたけど、まさかの打者としてスタメン出場。しかも、ホームラン2本を記録しました。ヤフーニュースで見たときはビックリしました。投手として完封して相当な疲労がたまっているはずなのに…。その日の私は、嬉しすぎてテンションが高かった記憶があります。(笑)

大谷選手のおかげで野球を見るのが楽しくなりました。あと ア・リーグのMVP が取れたら本当に感激です。ひとまず今日は、ホームラン王を祝って祝杯をあげたいと思います。

 

 

 

マイブームのオオタニサン

      ※アフィリエイト広告を利用しています  

私は、大谷翔平選手(エンゼルス所属)のメジャーリーグでの物凄い活躍で、野球が好きになりました(特にMLB)。元々、大谷選手の事は日ハム時代から知っていましたが、ここまで活躍するとは思っていませんでした(失礼ですいません)。2021年から2023年の二刀流での活躍は特に抜きん出ており、「ユニコーン」や「唯一無二」などと言われてますよね。2021年はア・リーグMVP。今シーズンは本塁打王の可能性があります。ア・リーグトップの44本を放っていますが怪我の為、今シーズンは全試合欠場が決まっています。それを猛追しているのが、ジャッジ選手(ヤンキース)やロベルト選手(ホワイトソックス)。大谷選手がケガする前は、余裕で本塁打王独走だったんですけどね。流石は一流メジャーリーガー達。ヒヤヒヤです。もし本塁打王が獲れたら日本人初。あのメジャーリーグで日本人がパワーで圧倒するなんて…。一昔前は、松井秀喜選手の31本(2004年ヤンキース所属時)が、日本人の限界かと思っていましたが、40本オーバーのシーズンが2回(2021年、2023年)もですよ。怪我をしてなければ50本は打ってたと思います。そして先発投手として10勝5敗という結果を残しています。もはや人間ではありません(笑)あと数試合でシーズンも終了なので、大谷選手の本塁打王の話題から目が離せませんね。

 

※9月26日 ロベルト選手も怪我で今シーズンは終了(38本)ライバルの怪我を喜んではいけませんが、大谷選手の本塁打王がますます近づきました。

 

大谷選手はすごい記録を残すけれど、チームが勝てないためプレーオフ進めません。ですので、来季は違うチームでプレーを見たいですね。

噂される移籍先はいくつかありますが、個人的には安定した強さがあるドジャースに移籍してほしいです。ドジャースに移籍したら下記のメリットがあると思います。

・エンゼルス同様、西海岸で温暖な気候の為、怪我のリスクが軽減される。

・チームが強いので投手大谷選手に勝ち星がつきやすい。

・プレーオフに行ける確率が上がるし、ワールドチャンピオンも夢ではない。

・大谷選手が、怪我や疲労がたまった状態で無理して出場しなくても勝てるチームなので休める。

次の移籍がおそらく大谷選手のピークの時期を迎えると思うので、今オフの大谷選手の動向に注目ですね。